怠けずに勤勉に行うことについて

みことば/教会のこと

こんにちは、天運教会(ヘブンズ・フォーチュン・チャーチ)のyouです。

今週の日曜日礼拝で伝えられた御言葉は【怠けずに勤勉に行うこと】についてでした。
聖書の本文はこちらになります。

熱心で、うむことなく、霊に燃え、主に仕え
新約聖書 ローマ人への手紙12章11節

勤め働く者の手はついに人を治める、怠る者は人に仕えるようになる。
旧約聖書 箴言12章24節

勤勉な人の計画は、ついにその人を豊かにする、すべて怠るものは貧しくなる。
箴言21章5節

神様が天地を創造された時に【季節】を創造されて、人々が時に従ってすべきことをしてこそ、得るべきものを得られるようにと法則として定めておかれました。
春には春に該当する仕事を、秋には秋に該当する仕事をしてこそ、その時に得るべきものが得られますよね。

説教の中で、キリスト教福音宣教会の鄭明析(チョン・ミョンソク)牧師は、人間はとにかく楽に生きていきたい!と思う生き物だが、時に従ってすべきことを勤勉にしてこそ、祝福を受けるし、成功するようになると教えてくださいました。
一方ですべきことをせず怠けていたら、一見楽をしているように見えるけれども、結局は苦痛を受け、後悔するようになる。
勤勉にすることは大変なことではあるけれども、しかしそれが結局楽をして生きる生き方だ、とおっしゃいました。

勤勉な人は「やらなければならない!」という考えでやるけれども、怠ける人はやらない理由・言い訳が多いともおっしゃってましたが、耳が痛い……
でも、この話を聞いて小さくならないで、明日からまた始動をかければいいから大丈夫!とすかさずとナイスフォローしてくれる鄭明析牧師はほんとに優しい(笑)
感謝します、アーメン(笑)

 

そして水曜日には、いつもより早めに目覚めたことで起こった出来事について話してくださいました。
いつもより早く目覚めて活動をされたことで、その日明け方からしようと思っていたプログラムが別なものに変わったそうです。
それは時間が短ければ出来なかったことだったから、やはり勤勉な人は豊かに成し遂げられるのだな、と悟られたそうです。

これは私も体験したことがあって、いつもより30分早く目覚めて活動しただけでも、午後しようと思っていたことが午前中のうちに終わるという奇跡が起こって、その分午後は他にやりたいことが出来た、という経験があります。

勤勉になれば、このように時間を治めて生きることが出来ますね。
(怠ければ逆に時間に追われる…涙)

毎日勤勉に行うことは大変なことではありますが、それによって生み出される結果も考えて、日々挑戦していきたいと思います!

 

それでは^^

 

天運教会(ヘブンズ・フォーチュン・チャーチ)
キリスト教福音宣教会 you

you

キリスト教福音宣教会に通っています。 柴犬似な夫とのほのぼのした日々をブログ(主に漫画)につづっています。 詳しいプロフィールはコチラ↓ https://s...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧